> 管理人:Taka
最近

・音楽を近くにおくには
 努力が必要だ
・今年は成長の年

<読> 東京ファイティング
     キッズ・リターン
久々の西班牙語
本日は仕事を早々に切り上げ、有楽町線の赤塚駅までぶらり参上。
W大の独語講師のユキさんのお宅にお邪魔して、スペイン料理をたらふくご馳走になりました。


ユキさんとは、スペインはマラガで同じピソ(アパート)で苦楽を共にした仲でございまして、今はガリシア出身のスペイン人、パブロと一緒に住んでおられます。


約一年ぶりのスペイン語の会話でしたが、パブロの発音がとても聞き取りやすかったので、付いていくことが出来ました。


当然、単語は忘れているし、文法はめちゃくちゃだしで、改めて時の流れと自分の怠慢を感じました。


けれど、あまり多くはない脳ミソをフルに使ってスペイン語で文化の違いや日本の客観的特徴なんかを話していて、今は心地よい疲労感を前頭葉のあたりに感じています。


久々のスペインワインのせいかもしれないけれど、
いつも仕事のことばかり考えているところには、
知的エクササイズとして程よい刺激だったのだと思います。



ユキさん、パブロ、これからもいろんな話を聞かせてくださいませ。
本日はご馳走さまでした。

多謝。
[PR]
# by football-tt | 2007-08-15 02:34 | スペイン
トカゲッテル

今日は雨が降ったり止んだり。

雨があがっても、雲の間から日の光りが照と

湿気も相まって、もの凄く暑い!!

今日は一日屋内にいました。




で、彼は我が家のバケツに涼みにきたトカゲ。


a0033726_0241088.jpg



みんな暑いのはかわらないようです。
[PR]
# by football-tt | 2007-07-30 00:25 | 日常
フットボールなみなさまへ

今月の文芸春秋(8月号)に

 『 イビチャ・オシム

           サッカー「日本化」への条件  』

 というインタビュー記事があります。


自称サッカー好き、フットボールが好きという方は

立ち読みでもかまいません。(そこまで長くないです)

ぜひ読んでみてください。



アジア・カップでは敗退したけれど、

日本代表とオシムとは、始まったばかりです。

期待に胸膨らましましょう。
[PR]
# by football-tt | 2007-07-27 03:25 | 日常
バンドとつづける夢
僕はいまだに性懲りもなく音楽を続けている。



今はバンドを2つ組んでいる。

ひとつは、自分がリーダーのジャズバンド。

去年の三月に始めた時は、アルトサックス(20代前半・女性)、ベース(僕)、ドラム(20代後半・男性)の三人だけ。

その後、自分たちの実力からコード楽器が必要だという結論にいたり、

ネットを使ってピアニスト(30代後半・男性)を見つけた。

それが去年の九月。

それから月に1,2回の練習を重ね、4月には初ライブをやった。

充実感より、少しだけ経験不足なパフォーマンスへの欲求不満が上回った。

今は諸所の事情から、主にピアノ・トリオで練習している。

自分がリーダーのバンドは楽しいけど、いろいろ考える。

早く帰っておいで、ナッチャン。




もうひとつは、

広島の大学時代の同級生が今度結婚することになり、

披露宴で新郎のバックバンドを務めることになり、

その練習を同じく大学時代の仲間と共にやっている。

僕以外は音楽活動は休止していた人達なので、

リハビリから始まって、最近ようやく形になりかけてきたところ。

九月の本番に向けて、オモシロ可笑しく練習している。

今までポップスはあまりやったことがなかったので、

どうしてもジャズっぽい曖昧な部分が出てしまう。

でも、そんなディテールをそぎ落として少しずつ固めていく作業が、

ちょっと新鮮で、おもしろい。

けど、

ムズガユイ。

コブクロ、ムズガユイ。

















別にプロになるわけではないけれど、

人生これなしじゃやっていけないくらい、重要。












どっかのおっさんが



「服を着てやることの中では、
音楽は最高だ!!」




 
とか言ってたし。



できれば、死ぬまで続けたい!!

これ、今一番の夢。
[PR]
# by football-tt | 2007-07-23 03:07 | 日常
Night train ,Go back home
a0033726_23425745.jpg








a0033726_23431446.jpg








a0033726_23462045.jpg








a0033726_2347424.jpg








a0033726_23485099.jpg








a0033726_23472790.jpg








a0033726_23475378.jpg








a0033726_23495578.jpg
























a0033726_2350439.jpg








a0033726_23505899.jpg









a0033726_23511911.jpg






















a0033726_23514278.jpg

















a0033726_2352642.jpg








a0033726_23522065.jpg








a0033726_23524480.jpg

















a0033726_23533387.jpg








a0033726_23535831.jpg







































a0033726_23541861.jpg

[PR]
# by football-tt | 2007-07-19 00:06 | 日常
見ざる期待とは裏腹
先日「のだめ・カンタービレ」をマンガで読んだのですが、

とても面白かった。

僕なんかは浮世の流行から外れて久しいので、

世間が「のだめフィーバー」だったころにはそれをただ横目で見ていただけ。

今になってやっとこさ面白さを堪能しているところです。



で先日、別居中の仲良し兄貴が「のだめ」のDVDを持って久しぶりに帰宅しました。

何かと去就が騒がれていた兄も、今は少し落ち着いて時間に余裕が出来たらしく、

遅ればせながら「ドラマ版・のだめ」にハマってしまったということでした。










聞くところによると、最近は




「週に一回は、全話見てた!!」

               (兄 談)






という相当のハマリようであったということです。


何日か逗留したあと、生活リズムもくそもない生活から脱却するために、兄は「ドラマ版・のだめ」を我が家に置いて去っていきました。





というわけで、そのDVDが我が家にあるのです。

うちの自慢の母は「続きが見たくて・・・」とかいって速攻で全話見てしまいました。

僕としても早く見たいところではありますが、

平日に仕事が終わってからではなく、

土日にドカッと見てしまいたいんです。

何故って、止まらなくなりそうだから。

なので早く休日が来ないかと・・・・

でも、土日は予定が・・・


と思ったら、次の週末は3連休だ・・・



土日遊んで、月曜は「のだめ」。

グッドなスケジューリングですな!!
[PR]
# by football-tt | 2007-07-11 23:47 | 日常
記憶と言葉
久しぶりに映画を見る。



一本目は偶然。

金曜の夜に仕事帰りで友達のうちに行き、そのまま寝る。

朝方目が覚めると、眠れなかった友達の一人がひとりで見ていた。



「明日の記憶」

バリバリの広告営業マンが若年性アルツハイマー病にかかってから、

妻の名前さえも忘れてしまうところまでの、夫婦の心の葛藤を描いた話。

主演は渡辺謙で、あいかわらず渡辺謙だった。よくも悪くも。

妻役の樋口可奈子がとても良かった。

気丈に夫に尽くす妻をよく表現していたと思う。

日曜日に新聞のテレビ欄を見たら、ちょうど「地上波初放送」でやっていた。

偶然ですけど。



人間は「記憶」で出来ている、のか?

人の名前は忘れても、字の読み方は忘れないのか?

いろいろ考えて、でも、まとまらない。

自分がこの病気になったとしたら、

自分でこのブログを読んだりするのか?なんてことも考えた。

もしくは、早い段階で「消えてもいい記憶」として、

こんなブログの存在なんて忘れてしまうのかもしれない。

そうなったら、誰か僕に教えてください。






二本目は自分で見に行きました。




「BABEL」

日本とアメリカ、メキシコ、モロッコを舞台に、

4つの物語がひとつの銃弾を引き金に、

それぞれが少しずつ繋がっている。




「言葉よりも大切なこと」と「思いを伝えることの難しさ」についての映画。



この映画は“大切なのは言葉ではない”と言っている。

みんな知っているはず。

でも、それを感じたり、表現したりすることがあまり多くないのかもしれない。

だから、僕もこの映画を見て改めてこんなことを書いてしまう。






記憶は過去。

言葉は自分。





大きくなったらもっと自分のことがわかると思っていたけれど、

そうでもない。
[PR]
# by football-tt | 2007-07-02 02:49 | 日常
キライなことば
「世の中、金だ」



「なんか良いこと(楽しいこと)ないかな~」




この二つの言葉が、ぼくは大嫌いだ。




理由は一つ。








そんな人生は嫌だ!!






「世の中、金だ」という価値観は、ある面ではYesであり、ある面ではNoである。

お金があればたいがいの物と交換できるが、愛や本当の友人はお金では換えられない。

両方が正論であり、上記以外にもたくさんの正論がある。


だから「世の中、金だ」という言葉が口からでる人は、

まわりで「そうだよね~、世の中お金だよね~」と同調してくれる人とは、

「お金がないことへの不満をぶちまける→お金がたくさんあったら何を買う」

というような話の流れに入っていく。

(このパターン以外に自分たちの境遇に絶望せずに話を切り上げる展開が期待できないので、大概この展開にしかならい)

そして、「世の中にはお金では買えないものがたくさんある!!」という人とは、

価値観の違いを無視して永遠に終わることなくお互いの主張をぶつけ合う羽目になる。



人によって考え方も違えば、答えも違うものをわざわざ口に出す必要はないと思う。







「なんか良いこと(楽しいこと)ないかな~」という嘆願は、

「私の人生、他力本願です」という告白に近い。

「幸福が向うからやって来ることは、人生においてそう多くはない」とわかっている人は、

主体的に人生と向き合って少しでも幸福を掴み取ろうという努力をしているはずなので、

自分から「幸せ募集中」とは口に出さない。

だいいち、そんなことを他人に言われた日には、

一緒にいるこっちだって凹んでしまう。

すこしでも建設的な考え方をするように自分をもっていくのは、

結局、日々の精進、これ次第。


他人に見せられる努力は虚栄であり、

他人にみせる自分は虚栄でもいいと思う。






ただ、自分を今よりも高いところに持ってこうという時に言い訳を先に考えてしまう人が、一番損しているのは自分だと気付いていないのを見るのは、

とても悲しい。
[PR]
# by football-tt | 2007-06-27 23:46 | コラム
シボウで生きる
今日は朝から大忙し。

昨日、日曜出勤してまで片付けた雑務が

今日は今日で新たに舞い込んできて、

しかも急な来客や、コンペ前のオリエンテーションなどが次々と襲い掛かり、



時計を見たら、午後六時。




朝から、口にしたものといえば、





会社の冷蔵庫にある社員用のお茶と、





先方で出されたアイスコーヒーのみ。






朝飯は普段から食べることのほうが少ないので、






気づいたら、何も食べていなかった。





何度もお腹がへったと感じつつも、

提出期限の迫った資料作成や外出が重なり、

タイミングを逸しつづけ、

そんな自分をやり過ごしていく中で、

なんどか空腹の峠を越えたのを感じました・・・

定時の退社時間になってやっとそのことに気づいたので、

「どうせだから、もう家帰るまで食べないでいいや!!」

と、無謀な決定を自らにくだして、

仕事を終わらせることを優先しました。



そして、 フッ とおとずれた立ちくらみ・・・





腹が減りすぎると、いろんなことが起こりますね。



それでも、何も食べず、九時半に会社を出て、

十時半に家に帰り、

その日、初めてのご飯にありつきました。



味噌汁、うまい!!








で、寝る前に風呂に入って体重計に乗ったら、




体脂肪率が0.6%も落ちていました!!








不本意ながらダイエットに成功しました!!


この年になると、転んでもタダでは起きないのです!!
[PR]
# by football-tt | 2007-06-19 02:50 | 仕事
屋根の上の休日
今日はひさびさの予定のない休日。



前日は4時まで庄屋で飲んでいたので、今日はお昼に起きてしまった。

特になにをしようと考えていたわけではなかったので、

時間の使い方を考えていたら、弟の部屋に見慣れぬ漫画が積んであった。



「のだめカンタービレ」1~17巻


やった!!

今まで読みたかったけど、時間がなくて読む暇がなかったんだよ。

ナイス弟!!





でも、梅雨入りしたはずなのに外はピーカンで、

これで外出しないのも、もったいない・・・








う~む・・・







そんなこんなで思いついたのが、







企画:
 
 「屋根の上で日向ぼっこしながら『のだめ』を読む」



GAPの紙袋にマンガと、敷物と一緒にサントリー・ジャスミンティーを入れて、

ベランダつたって、屋根の上に。

持ち出した敷物が狭くて、はみ出た足が屋根に触れると物凄く熱い!!

我が家は瓦屋根なので、それなりの傾斜と瓦の波がある。

うまくお尻を落ち着けて寝転がり具合のいいポジションをとるまでは、なんどかズズッとすべり落ちそうになった。




落ち着いたところで、短パン一丁で本格的な日向ぼっこ。

蚊もまだ出てこないし、適度に風もあって、

期待したとおり『のだめ』も面白い。

上半身裸でも快適な午後の陽気でした。







今度はビールもって上ろうかな・・・
[PR]
# by football-tt | 2007-06-17 02:03 | 日常
   

人生の壁と日常の機微
by football-tt
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧