> 管理人:Taka
最近

・音楽を近くにおくには
 努力が必要だ
・今年は成長の年

<読> 東京ファイティング
     キッズ・リターン
阿佐ヶ谷の町に
実は、ずいぶん前に越す家を決めました。

駅から徒歩5分の閑静な住宅街、
二階の角部屋、
日当たり良好、
収納もたっぷりで、
しかもバス・トイレ別、          これで7万!!

内心ほくそ笑みつつも、初めての一人暮らし故、
「他のところもあと少しだけ探して、納得してから決めたい」と、
その後も数件不動産屋を回り,
結局は始めにいいと思ったところが一番よかった。。

その日は“落ち着いて一晩ゆっくり考えよう”とか考えていたんです。

で、翌日入居希望の連絡を不動産屋にしたら、


「あ~、あそこはあの後すぐに決まっちゃったらしいです。すいません





一寸先は闇・・・・

人生なにが起こるかわかりませんね。

そして、結局は第2候補だった家に入ることに決めました。

「住めば都」になることを目指して。

引越しは3月頭の予定です。
[PR]
# by football-tt | 2008-02-09 04:07 | 日常
阿佐ヶ谷の町で
最近の週末は阿佐ヶ谷をうろついています。

初めて来てから何故か気に入ってしまい、他の駅周辺は行かなくなってしまいました。駅前に飲み屋やスーパーが密集していて、さほど大きくはないがあって欲しいお店は揃っている。小さいながらも一つ映画館があるし、町の広さが調度いい感じ。

こんなとこなら住んでもいいな・・と




実は今、引越しの物件を探し回っており。
今日もいくつか物件を見てきました。

ちなみに、
私の優先事項第一位は   

  「ガスコンロ 2口以上」

第2位は     「キッチンが2畳以上」

第3位は     「駅から10分以内」

第4位は     「近くに公園がある」

というものです。


まず、1位と2位の理由は、「食」。
毎日ではありませんが、なるべく自炊はしたいのです。できるだけ料理と食事に快適な空間を用意しておかないと、日々の暮らしの中でのストレスで優先順位が下がってしまいそうなので、第一条件としてキッチンが充実しないと始まらない、と思います。

引越しが決まった暁には、「My 包丁」買います!!


3位は普通ですから、飛ばして4位にいきますと、これは「楽器を練習するため」です。

コントラバス。
彼を操る者としては、晴れた日曜の午後に公園で練習するのが、経済的にも理想です。冬はさすがにスタジオやカラオケに入りますが、できるだけお金と時間と持ち運びのストレスなく練習の環境を整えるのは、社会人になって、しかも一人で暮らすようになればなおのこと重要なはず。

そして、おそらく彼は我が家で一番幅(スペース)を利かせることになると思います。


この諸条件を満たしつつ「窓が南向き」だったり、「バス・トイレ別」だったりする中から、一番住み心地の良さそうな物件を探しております。
いくつかいいものはあったので、一月中に決定、契約をし、身の回りの生活必需品を揃えながら少しずつ生活をシフトして、2月下旬に完全移住といこうと思っています。

阿佐ヶ谷の町について、おいしいお店やお得な情報があったら教えてください。


2月には27歳になります。
一人暮らしを始めるには・・・・ まあ、調度いい時期かと。
[PR]
# by football-tt | 2008-01-21 04:12 | 日常
謹賀新年 2008
あけましておめでとうございます。

今年もよろしく、と言いたいところですが「こんなに更新しないブログのくせに、何をいっているのだ」と、今にもお叱りの言葉が飛んできやしないかと、内心では平謝りをしております。しかし、こんなブログに付き合ってくれる方は相当奇特な方であり、私の知人以外が定期(?)的に訪れているとも思えません。なので、今後もゆる~く更新することになるとおもいますので、よろしくお願いします。


昨年末は28日に仕事おさめとなり、その後飲み続けました。

29日には大学の仲間との忘年会があり、やれ「結婚しました、お前はどうなんだ?」とか「子供ができました、君は欲しくないの?」と次々にイキオクレ手前宣言を賜わりました。そのたびに「おめでとうございます。僕の将来的なビジョンといたしましては・・・」と軽い言い訳をせねばならず、楽しかったものの来年の課題が「彼女をつくる」に早々に決まってしまったことに自分の自主性のなさを痛感しました。

30日には地元の幼馴染との忘年会。地元の庄屋で飲んでいたのですが、幼馴染と別れた後に普段いきつけの地元の音楽喫茶「奏」に年末の挨拶にいったところ、ハナレグミの永積タカシさんがいらっしゃって、「家族の風景」を生で聴いてしまいました!!!
50cmの距離で聴いて、改めてその声の良さに脱帽。。。
しかも、その夜に偶然再会した中学の同級生とかなり親しい間柄らしく、あわよくばまた近くで聴けるチャンスがあるかもと、期待に胸を膨らませたりしております。

31日には我が家でフランス人と日本人の夫婦を迎えての忘年会と、相も変わらず飲み下しておりました。日本の料理が気に入ったらしく、我が家の年末特製料理を「ウマイデス」といって喜んでくれたり、今話題になっている食品偽装事件などについて、「あんな1日2日の表示についてなんか、フランスでは記事にもならないよ。大統領が不倫したって2,3行にしかならないんだから(笑)」と、日本のメディアの狂乱ぶりを一笑されたりしてしまいました。

そして、エリック・クラプトンの「クロスロード・ギターフェス2007」のスティーブ・ウィンウッドの歌声に酔いしれながら年越しそばをいただき、平穏無事に新年を迎えた次第でございます。


2008年、飛躍の年となるように、私はこれまでしなかった精進をしていきますので、
皆様よろしくお願いいたします。
[PR]
# by football-tt | 2008-01-01 20:30 | 日常
食べ抜いて生きてやる!!
最近身をもって感じるのは、
食事はとても大切だということ。


家に帰れるだけましだが、最近の食生活は貧しい。
別にお金がないわけではない。
食べる時間がないのだ。
空腹を感じてもデスクを離れるわけにもいかず、そうこうするうちに気付くと時計の針は16時をさしている。そんな平日が最近普通になってしまっている。
先週は毎日酒も飲まずに午前様で、家に帰って初めてまともな食事をとる生活をおくり、土日も2週続けて仕事に励んだ結果、明けて月曜日の今日の夜、思考が完全に止まった。どうにも頭が働かないので、数分寝てみたが、起きて数分後また思考が滞る。

よくよく考えると、まともな食事を5日ほど取っていなかった。

今日は家に帰ると、中華なべに中華丼用のあんかけ野菜炒め(肉あり)があったので、山盛りのご飯と一緒にして味噌汁と一緒に口の中にかけこんだ。

すこし目の前が明るくなった。





食は偉大だ。
最後にうちのおばあちゃんのかぶの漬物を食べたとき、そう感じた。

明日からコンビニのおにぎりだけの昼飯は、なるだけ封印することにしよう。
[PR]
# by football-tt | 2007-12-11 02:58 | 日常
寝込んでも、ただでは起きない
病床のイビチャ・オシムが体調が回復し、目を覚ました。
よかった。本当によかったよ。

そして、発した第一声が


「試合は?」





う~む、凄過ぎる。

さすが哲人。

常人の想像の斜め上をいっている。。。
[PR]
# by football-tt | 2007-12-05 03:34 | 日常
〇〇〇〇で悩む
こんなことで悩む日がこようとは・・・

よく仕事のストレスの原因として取り上げられるのが「職場の人間関係」ですが、とうとうこんな私にもそんな人並みの悩みで首をもたげる日がやってきました!!
これでもう社会の一員として大体の通過儀礼は済ませたような気がします。
後はもう早く家を出て、一国一城の主となるのみですな、ハッ!!
来年の早々の独り立ちを希望しております。


で、本題です。
多分どこにでもある話ではあると思うのですが、<社長+営業>と<制作>の間での話です。
お互い会社を良くしたいと思っていても、向いている方向が違うので、新人である私は「無言の板挟み状態」です。どちらサイドにいる人も言いたいことはたくさんあるでしょうが、皆大人なのでその鬱憤やら苦情やら意見やらを素直に交換できないのです。
その場その場で意見を変えているわけではありませんが、私は態度を保留しています。完全にどちらかに傾いてしまうのは、お互いの緩衝地帯がなくなってしまうようで、そういう立場をとろうと思います。上手く立ち回って、一人ひとりに説得力のある言葉で社内をどうにかできんものかと思案していたところ、今のところ「仕事で認められる」ことが一番の近道かと思いました。

会社に入って半年もいると色々見えてくるものですね。
20人の小さな会社ですが、それでも色々ありますね。
ところで、明日から新しい社員がやってきます。
〇村さんというのですが、すでに社内に「制作の〇村さん」が一人いるので、
どう呼び分けようか悩んでいます。
営業では「AとBでいいじゃん」とか言ってます。


冗談でも言わなきゃいいのに・・・ねぇ
[PR]
# by football-tt | 2007-12-03 01:30 | 仕事
NO TRUNKSの6周年
11月22日は国立のJAZZ BAR、No Trunksの誕生日である。

翌日の23日は勤労感謝の日なので、毎年その日は盛大に朝まで酒をのみつづけるパーティがもようされる。
スペインに行っていた年以外は毎年必ず参加しているのだが、何を隠そう私はNO TRUNKSの店員であったのだ!!
といってもオープン日の一日だけだけどね。
なので、20歳そこそこから今までで一番お世話になったお店なのである。

仕事がおわったのが10時を過ぎていたので、到着した時には11時を回っていた。
会費を払ってまずは腹ごしらえ。
散々食べつくされた後のテーブルを回って、原型をとどめているものを一通り回収してくる。
まわりは酒が入っているのでテンションが高いが、腹が減ってはそこに切り込むこともできないので、急いで腹にビールといっしょに流し込む。

どこの席に行こうか回りを見渡してみると、ある一角でウチの親父を発見。
若い子相手に熱弁を振るっているが、喧騒にまぎれて何も聞こえず。
何故だかわからないが、親のこういう姿はあまり見たくないものである。

うちの兄貴の幼馴染のアベくんを見つける。司法書士を目指しているらしく、試験勉強のためか最近は顔をみていなかったので、「お久しぶり」と声をかける。
そのほか、ソーセージ屋のタモンや、女優のアキラさん、ジャズ歌手のハマさんなどとゆるいお話をする。

普段はJAZZをかける店であるが、この日は客が持ち寄ったお気に入りCDを店でかけるとういうことになっていて、ダニー・ハサウェイやクロマニヨンズ、久保田早紀の「異邦人」など、なんでもござれである。
その中で、『エンケン』こと遠藤賢司の72年のレコードが流れる。
名前はもちろん知っているが、音は聴いたことがなかったので、大変興味深く拝聴。
しかし、酔っ払っていたのであまり覚えていない。

1時を回りだすと人が次第に減り始め、その後はアルバイトの美香さんがクロマニヨンズにあわせて熱唱。おじさんがたはみな盛り上がる。

結局何時まで飲んでいたのか、時計を確認していないので定かではないが、楽しい宴でありました。また顔をだしますんで、皆様これからもよろしく。

ハッピー・サンクスギビング!!!
  (これが言いたかった!!)
[PR]
# by football-tt | 2007-11-23 20:42 | 日常
学力低下についての一考
最近はいろいろなところで、日本人の学力低下が騒がれている。

私の今いる業界ではそういう話題がクライアントとの日常会話で頻繁に出てくるので、
日々の情報でもそういったことに自然と耳がむくようになってきた。
最新のネタでは「ゆとり教育の廃止」であるが、
日本の文科省の無計画性が、世間が発足当時に予想したとおりに露呈した悲しい一報だった。
「学習時間を大幅に削減して落ちこぼれをなくす」とか、「詰め込み教育の是正だ」とかいろいろと言われてきたのだが、結局現場を知らない官僚が作り上げた机上の空論だったわけだ。

現在の「ゆとり教育」の弊害をあげればキリがないが、学力低下の理由はそれだけではない。
日本は世界中のどこよりも治安のいい国である。
私がスペインから帰国したときに、街行く若者のジーンズのポケットから高級ブランドの細長い財布が半分以上見えていることに「帰ってきたこと」を実感したのをよく覚えている。
平たく言うと、日本人が「何も考え(警戒し)なくても生きていけること」がどれほど例外的なことであるかをまったく認識していない点であり、その中で社会に出ていない若者たちは自分の消費生活に直接かかわらないことについては、北朝鮮の問題も日本の経済の問題もすべて「他人事」と捉えているからである。
実際に私は「もし北朝鮮のミサイルが飛んできたら」と想像をめぐらせたことがあるが、この国がどこまで悲惨な状況に耐えられるかについては、まったく自信が持てない。
そして日々の有識者の発言や教育政策などを若者の現状と見比べると「想像したくないこと(近い未来に悲惨な社会がやってくる可能性)は考えない」ことにしている若者たちは、社会を支える大人たちが考えているよりも多いのではと思う。「訊かれれば答える」けれど、本質的な答えを求めて思考している若者も意外と少ない、と私は思うのだが、それは社会にでて立派に働いている人でも「日々の業務に追われてそれどころじゃないから」という現実があるからである。

この「想像したくないことは考えない若者」は、社会に出てからの苦労も、周りが遊んでいるのを横目に勉強することも、その先にある未来の自分への資本投資についても想像することを拒否している。それでも現実の消費活動と、それに伴う「生きてはいけるのであるからそれでいい」という人間の本質的な生を感じていることに喜ぶ偽りの自分を触媒にして、「無知な自分」を積極的に肯定するのである。

とまあ、こんなことを日々考えていても、クライアントの前では「ん~、人事の方は大変ですよね」とか言ってお茶を濁している。

だって、口には出さないけど、みんな自分と周りの行動でわかってることだからね。
こんな社会に出たての若造は、そんなこと、口が裂けても言えません。
[PR]
# by football-tt | 2007-11-11 15:58 | コラム
単純バカ
ずいぶん久しぶりに書きます。

しかし、書くことといえば、音楽のことか仕事のことばかり。

まったくもってつまらないオトコの印象がぬぐえませんな・・・



昨夜はクライアント接待のせいで終電をのがし、マンガ喫茶に避難しました。

読みかけだったイニシャルDを読みながら始発電車を待とうと思っていたのに、

睡魔に勝てず、眠りこけてしまいました。

それにしても、最近のマン喫は設備がすごい。

受付で、「リクライニングとフラットはどちらがよろしいいですか?」と訊かれ、

よくわからなかったので「フラットでいいです。」と答えて入った個室には、

ネットもテレビもOのモニターが付いていて、

床が一段上がったところに厚めのマットレスが敷かれていて、

身体を少しまげれば十分横になれるくらいのスペースがあった。

それで1時間500円だから、ぜんぜん安い!!!!!



・・・・かなりどうでもいいことを書いてしまいました。

話を戻します。


家に9時に帰ってきてからまた爆睡。

起きたのは16時、けっこう疲れておりました。

19時に高円寺に行き、友達のライブを見に行きました。

この友達というのは、昔付き合っていた女の子でありまして、

久しぶりに会ったのですが、向こうのバンドメンバーに、

「この人は昔の彼氏です」と紹介されまして、

どうにも所在なしでした。


さてさて、ひさびさに人様のライブを見たのですが、

なんとも楽しそうで、とてもうらやましかったですな~

やっぱりライブやりたい、というよりも生活のバランスの中の

音楽の時間をもっと増やしたい!!

それには仕事ができなけりゃいかんし、時間を上手く使わないかん。

そこを改めて決意する土曜の夜でした。



でも、今日はラグビーのワールドカップの決勝があるから、

また夜更かしです。
[PR]
# by football-tt | 2007-10-21 16:37 | 日常
残暑
最近、忙しくて仕事しかしていない。



それは、

実はよい事で、

最近になって1つの案件の中の

小さいながらも重要な仕事を振ってもらえるようになり

日々あーでもないと考えながら、パワーポイントで企画書書いてます。

ラフなデザインイメージをお客さんに提案するときに

つい楽しくなってディテールまで考えてしまい

時間がかかりすぎるのが、今の悩みどころです。



でも、自分で考えたものを納得してもらえたときは嬉しいし、

納得してくれなくても、それは経験として楽しい。

あーでもないと考え込んで、昼飯を食べ損ねたりしてもね。



「あれ~、まだ辞めてないの?  結構つづいてるね~」

なんて言われたりもします。

まあ、今までがそうだったので、自業自得なのですが、

たぶん辞めないと思います。



前の仕事をしている間は、仕事に行きたくなくてしょうがなく、

帰りに入った飲み屋では、必ず「疲れてるね」なんて言われてた。



今の会社も実は疲れます。

12時過ぎて帰るのも普通です。

11月ごろになると、忙しくて午後中に家に帰れなくなるらしいです。

でも、

今のところ、仕事は楽しいです。





来週は芦屋で取材です。



芦屋といっても、神戸ではなく、福岡ですけどね。
[PR]
# by football-tt | 2007-08-24 02:00 | 仕事
   

人生の壁と日常の機微
by football-tt
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧