> 管理人:Taka
最近

・音楽を近くにおくには
 努力が必要だ
・今年は成長の年

<読> 東京ファイティング
     キッズ・リターン
カテゴリ:コラム( 6 )
新聞メディアのパフォーマンス
8月28日の日本経済新聞の一面は、今春の新卒学生のうち約3万人が進学も就職準備もしないニートになっているという記事だった。

そして日経がこの事象から行った未来予測にとても驚嘆したので、備忘のため記録したいと思う。

以下、日経の記事より抜粋。

“企業などで職業訓練を受けないニートが増えると、日本社会全体の労働力の質が下がる懸念がある。就職した同世代との経済格差が拡大し、いずれ生活保護受給者になりかねない。結婚や子育てが困難な人が増え、少子化が一段と深刻になる可能性も指摘されている”

まず、ニートが増えると日本の労働力の質が下がるらしいが、ニートが増えることで生じる一番大きな変化は、労働者の絶対数減少だ。日本人は自分の仕事に対するプライドが高く、日本人が持つその身を身を捧げるかのような仕事に対する美学は、日本がここまで経済的に繁栄している原動力ともいえるものだ。10年やそこらの短いスパンで現場の仕事のクオリティが下がることはありえない(100年スパンならあり得るかもしれないが)。そもそも日本社会全体の労働力の質というのは、どのような指標をもって評価すべきなのか、おそらく一人の読者も明確な尺度を持っていないだろう。

それに続いて、ニートになった若者が彼らの同世代と経済格差が拡大すると生活保護受給者になってしまうという、根拠が皆目不明な道筋を立てている。労働に従事し生活費を稼げないのであれば、生活保護をもらうこともあるかもしれないが、「同世代との経済格差が拡大」することで、なぜ生活保護に頼なければならないような状態になるかがまるでわからない。

そして最後には今よりもさらに子供が減って将来の働き手が減ると、読者を未知なる恐怖へと駆り立てている。

要は、ニートが増えると、労働力の総体が目減りして日本のGDPが減少し、生活保護受給者の増加で福祉の出費が増加し、少子化で消費者・納税者も減少するから、日本のお先は真っ暗ですよとあおっているのである。

こうした問題の解決への糸口は、「そもそも」から始まる序文を作ることから始まる。そもそも「なぜ彼らは卒業後に進学も就職もしない状態を選択したのか」を詳らかにしなければならないだろう。
自ら進んでその選択を行ったのか、もしくは初めから選択肢がなかったのか。
その答えは新聞の紙面にあるワケはなく、当の学生たちに聞いてみるしかない。そして、その声を拾い上げるのが、本来新聞などのメディア・ジャーナリズムであるべきなのだろうが、日本を代表する新聞メディアのパフォーマンスがここまで落ちてしまうと、記事の内容と併せて日本の未来に対する不安が頭をもたげてくるのである。


[PR]
by football-tt | 2012-08-29 03:59 | コラム
社会人のスタンス
先日あるインタビューを受けた。

大学の後輩たちが卒業する4年生のために、
OB連中を訪ねまわって4年生へのビデオメッセージを収録する、
という企画にのっかったのだ。。

ずいぶんとご無沙汰だった中野校舎に呼び出され
カメラの前に座らされまして、インタビュー開始。
始めは、4年生への簡単な「おめでとう挨拶」をして、
その後いくつか質問をうけた。

で、その中に一つこんなものがあった。

「あなたは“社会人”とは、どんな人のことだと思いますか?」

インタビューを受けるとわかっていながら、どんな言葉を使おうかまったく考えてこなかったので、真面目な質問をうけて、少しの間考えた。

そして、出てきたのがこれ。

「“世の中の役に立っている”という自覚のある人」

とっさに考えて口から出てきた割には、当たらずとも遠からず。
これから大学を出る青少年たちを煙に巻くこともなく、われながらすばらしい回答である。

ことはついで、というわけでもないが、
こんなことがあったので、自分の社会人観について整理しておきたいと思う。


よく「社会人」の言い換えとして「自立した人」という言葉が使われるが、私は違うと思う。
自立を「一人でお金を稼いで、生活すること」、もしくは「親元から離れて一人で暮らすこと」と定義しても、それだけでは「社会人」の条件を満たしているとは言い難い。なぜなら、東京で職務上何の責任もないアルバイトを二つほど掛け持ちするだけでも、「自立」の条件を満たせてしまうからだ。
かといって、「自立」というファクターをまるまるとってしまうのも、少し違う。
では、何が欠けているかというと、それは「社会性」だと私は思う。

あまり最近「社会性」っていう言葉を使わないし、聞かない気がしませんか。

さて、社会性とはなんでしょう?

試しに辞書を引くと
(1)集団をつくり他人とかかわって生活しようとする、人間の本能的性質・傾向。社交性。
(2)社会生活を重要視する傾向。
なんて載ってはいますが、
私は辞書に載っている定義がすべて正しいとは考えないヒネクレ者でして、言葉は、「使う側」と「聞く側」に共通認識があれば、どのように定義してもいいものであり、使う地域や時代とともに変化するものだと思っています。

それで私は、社会性を「長い目で見て、社会に自発的かつ生産的にコミットしていること」だと考えています。

社会人を形成するファクターとしての社会性は「そうであれば社会はもっと良くなるけれど、すぐに結果を求めてはいけないよ」という「長い目で見れるスタンス」である。これが「労働者」であれば、一日だろうと、月だろうと、ある一定期間内の労働の結果として賃金が発生するから労働にいそしむのであって、そんな面倒臭いスタンスは必要ない。
では、社会人がなぜそんなスタンスをとらねばならないかというと、それは、人は労働の中で何かを成し遂げたとき、それが社会にどのような影響を与えるかどうかは、すぐには判断できないからだ。「労働の成果」がすぐに目に見えるかたちで出ないと、その労働に価値を見出せない人が単なる労働者であり、社会人は「労働の先にあるもの」にも意識をおける人のことだと私は考えている。

現代日本では多くの人が「自分が努力すればするだけ、その分見返りがある」と信じている。この考えは、資本主義というブレーキの効きが悪い車を動かす原動力の一つであり、私もつい最近までそうおもっていたが、昨年末あたりに「自分の努力した分と等価の見返りは返ってこない」という考え方に変えた。

世の中、理不尽なことはいくらでもある。
いくら必死に働いても、自分が望むお給料をいただけないこともある。ていうか、むしろ圧倒的にそちらの境遇の人の方が多い。それは、業種や場所によって「労働」に支払われる対価の基準が様々だからなのだが、それでも世の大人が働く大義名分は、「自分が所属する社会をより豊かにするため」である。

人類がここまでの発展を遂げられたのは、他の動物と違って、自分に都合の良い社会を形成し、そこで生きるためには「他人に奉仕する」うことが生存戦略上有利だ、とわかっていたからだが、最近は資本主義やグローバリズムのおかげで、“自分も少しは世の中の役に立っている”という社会人のスタンスを持たない人が増えているように思う。


実はこれが人類滅亡の前触れだったりしたり、しなかったりするのかも・・・
[PR]
by football-tt | 2008-03-14 03:00 | コラム
学力低下についての一考
最近はいろいろなところで、日本人の学力低下が騒がれている。

私の今いる業界ではそういう話題がクライアントとの日常会話で頻繁に出てくるので、
日々の情報でもそういったことに自然と耳がむくようになってきた。
最新のネタでは「ゆとり教育の廃止」であるが、
日本の文科省の無計画性が、世間が発足当時に予想したとおりに露呈した悲しい一報だった。
「学習時間を大幅に削減して落ちこぼれをなくす」とか、「詰め込み教育の是正だ」とかいろいろと言われてきたのだが、結局現場を知らない官僚が作り上げた机上の空論だったわけだ。

現在の「ゆとり教育」の弊害をあげればキリがないが、学力低下の理由はそれだけではない。
日本は世界中のどこよりも治安のいい国である。
私がスペインから帰国したときに、街行く若者のジーンズのポケットから高級ブランドの細長い財布が半分以上見えていることに「帰ってきたこと」を実感したのをよく覚えている。
平たく言うと、日本人が「何も考え(警戒し)なくても生きていけること」がどれほど例外的なことであるかをまったく認識していない点であり、その中で社会に出ていない若者たちは自分の消費生活に直接かかわらないことについては、北朝鮮の問題も日本の経済の問題もすべて「他人事」と捉えているからである。
実際に私は「もし北朝鮮のミサイルが飛んできたら」と想像をめぐらせたことがあるが、この国がどこまで悲惨な状況に耐えられるかについては、まったく自信が持てない。
そして日々の有識者の発言や教育政策などを若者の現状と見比べると「想像したくないこと(近い未来に悲惨な社会がやってくる可能性)は考えない」ことにしている若者たちは、社会を支える大人たちが考えているよりも多いのではと思う。「訊かれれば答える」けれど、本質的な答えを求めて思考している若者も意外と少ない、と私は思うのだが、それは社会にでて立派に働いている人でも「日々の業務に追われてそれどころじゃないから」という現実があるからである。

この「想像したくないことは考えない若者」は、社会に出てからの苦労も、周りが遊んでいるのを横目に勉強することも、その先にある未来の自分への資本投資についても想像することを拒否している。それでも現実の消費活動と、それに伴う「生きてはいけるのであるからそれでいい」という人間の本質的な生を感じていることに喜ぶ偽りの自分を触媒にして、「無知な自分」を積極的に肯定するのである。

とまあ、こんなことを日々考えていても、クライアントの前では「ん~、人事の方は大変ですよね」とか言ってお茶を濁している。

だって、口には出さないけど、みんな自分と周りの行動でわかってることだからね。
こんな社会に出たての若造は、そんなこと、口が裂けても言えません。
[PR]
by football-tt | 2007-11-11 15:58 | コラム
キライなことば
「世の中、金だ」



「なんか良いこと(楽しいこと)ないかな~」




この二つの言葉が、ぼくは大嫌いだ。




理由は一つ。








そんな人生は嫌だ!!






「世の中、金だ」という価値観は、ある面ではYesであり、ある面ではNoである。

お金があればたいがいの物と交換できるが、愛や本当の友人はお金では換えられない。

両方が正論であり、上記以外にもたくさんの正論がある。


だから「世の中、金だ」という言葉が口からでる人は、

まわりで「そうだよね~、世の中お金だよね~」と同調してくれる人とは、

「お金がないことへの不満をぶちまける→お金がたくさんあったら何を買う」

というような話の流れに入っていく。

(このパターン以外に自分たちの境遇に絶望せずに話を切り上げる展開が期待できないので、大概この展開にしかならい)

そして、「世の中にはお金では買えないものがたくさんある!!」という人とは、

価値観の違いを無視して永遠に終わることなくお互いの主張をぶつけ合う羽目になる。



人によって考え方も違えば、答えも違うものをわざわざ口に出す必要はないと思う。







「なんか良いこと(楽しいこと)ないかな~」という嘆願は、

「私の人生、他力本願です」という告白に近い。

「幸福が向うからやって来ることは、人生においてそう多くはない」とわかっている人は、

主体的に人生と向き合って少しでも幸福を掴み取ろうという努力をしているはずなので、

自分から「幸せ募集中」とは口に出さない。

だいいち、そんなことを他人に言われた日には、

一緒にいるこっちだって凹んでしまう。

すこしでも建設的な考え方をするように自分をもっていくのは、

結局、日々の精進、これ次第。


他人に見せられる努力は虚栄であり、

他人にみせる自分は虚栄でもいいと思う。






ただ、自分を今よりも高いところに持ってこうという時に言い訳を先に考えてしまう人が、一番損しているのは自分だと気付いていないのを見るのは、

とても悲しい。
[PR]
by football-tt | 2007-06-27 23:46 | コラム
大人のマナーと日本の作法

私は通勤するとき、必ず決まった乗車口から電車に乗るのだが、なぜかというと、二つ先の国分寺という駅で大量に人が降りていき、その後の車内でのポジションが比較的とりやすいのだ。

JR中央線の朝の通勤電車を経験した人ならわかると思うが、間違って人ごみに飲み込まれようものなら、朝からその日の体力のかなりを消費して必死に「立っていなければならない」。
下手をすると15分近くつま先立ちや片足立ちでその場所に留まらねばならなくなるので、車内でのポジショニングというのは、実際かなり重要なのである。


毎日同じ乗車口に乗るというと、車内の吊り広告などもだいたい毎日同じものを見るている。
そのなかで“プロミスの大人のマナー講座”を愛読しているだが、この「大人のマナー」には社会人一年生の私としては、座席時の名刺の置き方や土産物の差し出し方など、面と向かってひとには訊けないこともたまにあって、下らない週刊誌の見出しで憂鬱になるよりはずっと役にたつ情報なのだ。



それにしても、
「マナー講座」が広告アピールの手法として成立するというは現代人はそれだけマナーが悪くなったということなのだろうか。

”電車のドアが開いたら、降りる人が先に通る”というのも常識というよりマナーであるが、たまに我れ先にとドアの端から無理やり乗ってこようとする人がいる。
朝っぱらから他人と肩をぶつけるのには、正直閉口してしまう。

“お年寄りには席を譲る”
“車内では携帯電話で話さない”

みんながみんな実践しているかというと、そうではない。


こういったマナーが欠如しているひとは探そうと思えばどこにでもいるものだが
電車の中で迷惑な人は昔から掃いて捨てるほどいたし、車内で遊ぶ子供を叱れない親もいたわけで、最近特に悪くなったわけでもなく「もともと良くなかった」だけの話なのである。


日本には伝統的に何においてもまず「礼儀作法」を重んじ、
それを損なうものは「無礼」の一言で殺されても何も文句はいえない、という文化的土壌があったのだが、明治時代に文明開化して西洋文化を受け入れて以来、服装や食事などの生活様式が激変してしまう。

例えば食事。
明治までは「米と味噌汁」だった日本の食に西洋から
たくさんの新しい食材と調理法が入ってきた。
そこから日本人好みにつくられた「洋食」が出来上がり、
ハンバーグやオムレツなど箸で食べるようになってしまい、
その結果従来の日本食を「和食」と呼ぶようになった。
料理の種類や数によってナイフとフォークとスプーンと箸を駆使して食べるようになり、何が正しく、何がしてはいけないことなのか、日常食においての作法は明文化しにくい曖昧なものになってしまったのだ。

今現在、箸で食べ物を口に運ぶとき、箸を持たない手で受け皿の代わり(手皿)をする人がいるが、その行為は「日本食の作法」としては『不作法』にあたる。
これは元来日本食で使われる食器は、茶碗や小鉢など手に持てる大きさのものが多く、口に運ぶ際は一度その器を手に持ってから箸をつけるものであったからだ。


電車内でのことも同じだろうと思う。
それまでの移動手段は、馬か駕籠、もしくは徒歩での個人的なものだったものが、車やバス、鉄道などの登場により、必然的に赤の他人と同席しなければならないものになった。
より社会性が求められるものに変わったのだが、いつからか「礼儀作法」に取って代わって「マナー」という言葉が使われるようになった。

ためしにManner(マナー)という言葉の意味を辞書で引いてみた。

1,格式的な方法、やり方
2,(習慣となった)態度、様子
3,行儀、礼儀、作法
4,流儀、様式、手法
5,風習、風俗

かなり日本語にすると意味が広い。
「マナーが悪い」というときは『2 or 3』の意味で、
「マナー違反」というときには『1 or 4』の意味だったり、その時々で日本語にすると違ってくる。
この違いを普段から認識して使い分けているひとはほとんどいないだろう。
(わたしも調べてみるまで気付かなかった)

日本人にとってはずっと昔から曖昧な記号のままなのだ。


日本人は「その時代に生活の中に新しく入ってきたものが自分たちの社会にどう影響を及ぼすか」ということを考える習慣を“伝統的に”なくしてしまったのだろうと思う。

1860年代以降、諸外国より持ち込まれた知識、技術、風俗、習慣は明治維新後の新政府の働きかけもあり、その流れに逆らうものを駆逐しながら、急速に普及していった。
そして衣・食・住、すべてが様変わりし、モノは便利になり、移動は楽になり、その情報量たるや三百年間ほぼ同じ生活をしてきた国の人々がとても一世代で消化しきれるものではなかったが、にもかかわらず充分な教育的な説明もないままに日本国民は当時最も高度な西洋文明の恩恵をありがたく享受したのだ。

その後、マッカーサーが来るまでは戦争することに忙しく、そこから新たに「民主主義」を導入し、戦前と戦後でまたガラリと生活を変え、日本は戦争に負けた苦しみから抜け出すために、経済成長に突き進んだ。

そして今、インターネットや携帯電話の普及は、私達の生活様式を急激に変化させようとしている。

元をただせば、西洋化することを国として受け入れることが決まった時点で「新しい制度や習慣を採用した際に国民をどう教育していくか」というところまでしっかりと政府がマネージメントするべきだったのだが、
他の国からいつ侵略されるともかぎらない状況に、政府官僚は一にも二にも富国強兵に走らざるをえなかったのである。
そして日本的なものと西洋的なものを完全に分けるでもなく、完璧に日本の文化として純化させるわけでもなく、これまで、ただ自分たちに都合のよい部分だけを“イイトコ取り”してきた。
そのツケが現在の「国レベルでの社会性の欠如」や「地域コミュニティの崩壊」という文化的な地盤沈下を招いていると私は思う。


「便利なものは受け入れる」という日本人の国民性は、
経済的には大きく優位に働き、物質的な豊かさをもたらしたが
文化的には、新しいものが入る度に上辺の利便性や先進性だけを取り入れた結果、物事の本質には無頓着な底の浅いものになってしまった。



a0033726_0151447.jpg


こんな子供しか育たなくなると思うと、日本の先はないかな・・・とも


未来には期待したいが、なんともやるせないものである。
[PR]
by football-tt | 2007-01-28 01:10 | コラム
私のきらいなケータイ

電車の中で化粧をする人が嫌いだ。




なぜあんなにも堂々と自分が「化ける」瞬間を他人にみせられるのだろうか、

はなはだ疑問である。

朝、化粧もする時間がない、というのであれば多少同情もするが、

休日の昼間であろうとおかまいなくまつ毛を挟んだり、マブタを塗ったり。

私の中では『見たくない女性の行為』のかなり上位にランクされるのだが、

昨今そういったひとの数は増える一方のようである。





なぜこんなにも人前で化粧をするひとが増えたのか、と考えてもみたが、

それよりもやはり 

なぜそのことに違和感を持たずにいられるのか、という問題であると思う。




デリカシーがない人が増えたと言えばそれまでだが、そうなってしまう人達は、自分のプライベートな空間とその他との境界をはかれないのだろうか・・・・


「他人の目なんか気にしない」という主体的なものではなく、
「他人の目が気にならない」という、ある種の“感覚喪失”に近いのではないか・・・・


そしてその原因は、気付かないくらい身近にあるモノではないか・・・・と。













 携帯電話である













1990年代前半に本格的に登場するやいなや爆発的に普及し、
今現在日本国内だけでも9000万台近いの携帯電話が使われている。
通話だけでなくEメールやインターネット機能を装備した情報ツールとして、
仕事用・友達用・恋人用といった個々人との人間関係、連絡頻度に応じて
複数台使用している人も決して珍しくはない。
10代後半から20代の女性で、もはや持っていない人を探すほうが難しいほどの
今や立派な「生活必需品」である。





携帯電話の登場により、人のコミュニケーションは急激に変わってしまった。





“友達と待ち合わせた時に、時間に遅れた友達から

               「ごめん、今向かっている」という連絡を受けた。”

携帯電話を持っている人ならこれと似たような経験が一度はあるのではないだろうか?

固定電話を使っていた時代は、待ち合わせは「時間」と「場所」をキッチリと決めておく必要があったが、

今では「いつ・どこにいても」簡単に連絡が取れてしまう。

さらに

『どこそこにいるので、近くまで来たら連絡ください』

とメールを送っておくだけで、もはや時間も場所も事前に決めなくても待ち合わせが出来るようになってしまった。

「気にしなければいけないもの」が「気にしなくてもいいもの」に変わってしまったのだから、

「時間」や「場所」に対して多かれ少なかれ感覚的にルーズになったとしてもそれは当然と言えるかもしれない。



いつでも自由に知人や友人に連絡がとれるということは、

言い換えれば自分に対しても何時・誰から連絡がくるかもわからない、ということでもある。

公私に関わらず、他人とのコミュニケーションの距離が極端に縮まってしまった結果、

他者とのコミュニケーションにおいて携帯電話に依存する人ほど「公・私」の「公」の部分が少なからず欠落して、

「オールタイム・プライヴェート」とでもいうような感覚(錯覚?)を持つようになってきている


・ ・ ・ ・ ・のかもしれない





以上は私の個人的考察なので、携帯電話とそれを使う人のメンタリティとの

直接的な因果関係はわからない。




ただし、

携帯電話は便利だが、なくても生きていけるものだ、と私は思う。











その便利さが私たちの何かを変え、歪ませているのでは、とも。










そして、









私は今、会社で携帯電話用のHPをつくるシステムを売っている。










はっきり言って、携帯のインターネット機能なんて使ったことがない。
メールと通話ができればそれで十分だとおもう。

そんな私が携帯電話をさらに便利にするようなシステムを売っているのだから
お笑い種だ。
たまたま入った会社がそういった事業をしていただけであるので、
「仕事は仕事」として、頑張って売り込む。
だが、
自分の努力がさらに人を携帯電話に引きずり込み、
重ねて電車の中で化粧をする人が増えるかと思うと、

 時折、仕事を変えたくなる。








私が年内に仕事をやめるとしたら、

そんな理由だったんだろう、と想像して下さい。
[PR]
by football-tt | 2006-10-20 00:41 | コラム
   

人生の壁と日常の機微
by football-tt
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧