> 管理人:Taka
最近

・音楽を近くにおくには
 努力が必要だ
・今年は成長の年

<読> 東京ファイティング
     キッズ・リターン
新聞メディアのパフォーマンス
8月28日の日本経済新聞の一面は、今春の新卒学生のうち約3万人が進学も就職準備もしないニートになっているという記事だった。

そして日経がこの事象から行った未来予測にとても驚嘆したので、備忘のため記録したいと思う。

以下、日経の記事より抜粋。

“企業などで職業訓練を受けないニートが増えると、日本社会全体の労働力の質が下がる懸念がある。就職した同世代との経済格差が拡大し、いずれ生活保護受給者になりかねない。結婚や子育てが困難な人が増え、少子化が一段と深刻になる可能性も指摘されている”

まず、ニートが増えると日本の労働力の質が下がるらしいが、ニートが増えることで生じる一番大きな変化は、労働者の絶対数減少だ。日本人は自分の仕事に対するプライドが高く、日本人が持つその身を身を捧げるかのような仕事に対する美学は、日本がここまで経済的に繁栄している原動力ともいえるものだ。10年やそこらの短いスパンで現場の仕事のクオリティが下がることはありえない(100年スパンならあり得るかもしれないが)。そもそも日本社会全体の労働力の質というのは、どのような指標をもって評価すべきなのか、おそらく一人の読者も明確な尺度を持っていないだろう。

それに続いて、ニートになった若者が彼らの同世代と経済格差が拡大すると生活保護受給者になってしまうという、根拠が皆目不明な道筋を立てている。労働に従事し生活費を稼げないのであれば、生活保護をもらうこともあるかもしれないが、「同世代との経済格差が拡大」することで、なぜ生活保護に頼なければならないような状態になるかがまるでわからない。

そして最後には今よりもさらに子供が減って将来の働き手が減ると、読者を未知なる恐怖へと駆り立てている。

要は、ニートが増えると、労働力の総体が目減りして日本のGDPが減少し、生活保護受給者の増加で福祉の出費が増加し、少子化で消費者・納税者も減少するから、日本のお先は真っ暗ですよとあおっているのである。

こうした問題の解決への糸口は、「そもそも」から始まる序文を作ることから始まる。そもそも「なぜ彼らは卒業後に進学も就職もしない状態を選択したのか」を詳らかにしなければならないだろう。
自ら進んでその選択を行ったのか、もしくは初めから選択肢がなかったのか。
その答えは新聞の紙面にあるワケはなく、当の学生たちに聞いてみるしかない。そして、その声を拾い上げるのが、本来新聞などのメディア・ジャーナリズムであるべきなのだろうが、日本を代表する新聞メディアのパフォーマンスがここまで落ちてしまうと、記事の内容と併せて日本の未来に対する不安が頭をもたげてくるのである。


[PR]
# by football-tt | 2012-08-29 03:59 | コラム
仲間の結婚式
書くことがなかったわけではないけど、

書く時間がなかった・・・・ような気がします。


久しぶりに重い腰をあげたのは、友人の結婚式に参加したが故。

スペインで一緒に酒を飲み交わしたハルさんが

この度ご結婚されることになり、不肖な私めは二次会の幹事を

仰せつかった五人のウチの一人でありました。


最近の披露宴によくある演出で

「新郎新婦・思い出DVD」というのがあるのですが、

今回もご他聞にもれず。

露骨にセンチメンタルな演出が気になったりして、

さほど感情移入できないことが多いのですが、

今回は新郎が仕事以上に気合を入れてつくった映像の出来がよく、

感傷的になりにくい私にもちょっと泣けたのと、

「愛をこめて花束を」が耳から離れなくなりました。



同じくスペイン仲間のコウイチにいさんの名司会ぶりに舌を巻きつつ、

2次会幹事もつつがなく務めあげました。

幸せな人を見るのは気分が良いものです。

ハルさん、お幸せに。

嫁さんの尻に敷かれ過ぎないように、がんばってくださいね!!
[PR]
# by football-tt | 2009-06-01 01:04 | スペイン
素敵な老後を・・・
明けましておめでとうございます。

今後もダラダラと書き続けていこうと思いますので、
よんでいただければ幸いです。



唐突ですが、
最近、フィクションに興味がわきません。
小説なども、とんと読まなくなりました。



なぜか。




それは、作られた物語よりも現実の方が面白いから。




たしかに、世界中で不況の嵐が吹き荒れている昨今は、
あまりいい話は聞きません。うちの会社も仕事が減って
来年はヤバイとか言ってるし、後輩でリストラの憂き目に
あった奴もいます。

でも、今後の世界で生きていくにあたって
「では、そもそも不況の原因はなんぞや?」という問いから
始まって、「サブプライムローンは何故生まれたのだ?」
「これまでの金融バブルの元締めは誰だ?」
「オバマのアメリカが財政破綻したら、対米従属のこの国はどうなるんだ?」
などなど、どうしようもないくらい多くの疑問が頭をもたげてくるわけです。
そういった疑問については調べますよね。興味があるから。
調べ始めると、今まで知らなかった世界の縮図が色々と見えてきて、
(こういうときはインターネットはとても便利だと思う)
下手なミステリー小説読むよりも断然面白くなってしまったんです。


そのうち現実に打ちひしがれて、逃げ込むように小説を貪る日々が
やってくるのかもしれませんが、それまでは先人たちの行いを
ひも解いていきたいと思います。






話は変わって、
先日映画を見てきました。
活字を離れて映画でも、と思い面白そうなものを探したのですが、

やはりフィクションに食指は動きませんでした。



「Young @ Heart」

a0033726_121525.jpg

アメリカの、平均年齢80歳のおじいちゃん、おばあちゃんが元気にクラッシュやトーキングヘッズ、JBの曲を熱唱するコーラス・グループの活動を追ったドキュメンタリーです。


全員、すぐにもお迎えが来そうな歳なのに、
ユーモア満点で、歌と仲間と生きている。
あんな老後、最高です。

一押しは「Forever Young」と「Fix You」。
胸に来ました。


こんなかんじで、今年もよろしくお願いします。。。。

映画:YOUNG @ HEART
[PR]
# by football-tt | 2009-01-14 01:26 | 日常
メガネ
昨日、メガネを新しくしました。

メガネ屋に勤める後輩に見立ててもらい

「これは売れ筋の“鉄板”なんです!!」とまで言われてしまたので、

これが似合わなかったら、私の顔は終わりですな・・・



とりあえず、かけたところを彼女さんに見ていただいたところ、

「すごく仕事ができそう

と言われました。良いのか、悪いのか・・・



休日明けの仕事は、いつもより少し疲れる気がします。

家に帰って一息、今日はイカとブロッコリーのガーリック炒め。

お腹が満足したところで、コンタクトレンズを外していると、

ふとメガネを買ったことを思い出した。

私は買ったことに満足してしまい、その後買ったものを

活用しないことが多い。

服や、楽器の教則本、ちょっとした調味料、etc…

かと言って、無駄なものを買ってしまうでもなく、

気付けば使う。使わないこともあるけど・・・

自分の欲望がその時「必要だ!!」と感じたのだから、

あまり後悔もしない。多少もったいないと思うこともあるけれど。

まあ、良いではないか・・・

多少、無駄な消費をしたほうが、世の中回るってもんさ。


今回のメガネ、セルフレームで普段かけなれない型なので、

多少目と目の間に「のっかっている感じ」。

まあ、そのうちナれるだろう。

明日は、外出なく内勤の予定なので、

会社にかけていこう。



メガネを買っただけで、こんなにウキウキしている自分が、

すこし不思議な気がする。
a0033726_221577.jpg


ナッチャンさん、ありがとう。
[PR]
# by football-tt | 2008-10-15 02:26 | 日常
初勝利
谷亮子とオグシオは負けてしまいましたが、

北島康介とTakaは勝ちました。

と言っても、何のことかわかりませんね。

先日初めて、一人でコンペのプレゼンを任され、

その結果、本日先方から受注のお電話をいただきました。

いや~、内心ドキドキだったのですが、勝ててよかった。

ホ・・・



うちの会社は、黙っていても仕事はこないので、

呼ばれたコンペでお客さんを開拓していくことが、

ご飯を食べていく唯一無二の方法なのです。

要は、コンペに勝たなければ用なしなので、

どうにかして勝たねばならず、そのためには夜を徹しての作業も

土日出勤も当然のことであります。

私はまだペーペーではありますが、

ようやく会社の末席に加わることができました。



これから少しずつ、階段を上がっていきます。
[PR]
# by football-tt | 2008-08-12 00:34 | 仕事
米をたく
今日が終わってから1時間くらいして阿佐ヶ谷に帰ってきた。

途中24時間のSEIYUで、これまたひさしぶりに食料を買いこんだ。

家に帰る途中に彼女に電話したら、すこしまどろんだ声で電話にでた。

「な~に?」

特に用もないので、そのまま適当に会話をしていたら家に着いた。

今日のポストのチラシは大量だ。

窓を開けたくらいでは部屋の熱気が消えないので、服を脱いで半裸になる。

上です、ちなみに。



今日はどうしてもご飯が食べたかった。

冷凍にたきおきもなく、炊飯器を使うと時間がかかるので、

一人暮らしを始めてから、初めてナベでたくことにした。

我が家のナベはIKEAで買った大・中・小3つで¥1500という激安ナベなのだが、

安物のせいか、おかげか、厚みがないので熱のまわりが早い。

ナベでたくときには、少しくらい厚みがあったほうが後の蒸らしがうまくいく・・・と思っています。

夜もだいぶふけていたので、スタコラじゅんび。

米ナベを火にかけながら、味噌汁用の小ナベにも火をかけ、

その間に、メインの鳥モモ肉と野菜の付け合せの下ごしらえ。

みそ汁が出来上がったくらいに、米ナベの火を止め、

床にナベ敷きをしいて、その上に放置。

いよいよメインの鳥モモ肉と野菜を火にかける。



ここで彼女から一言。

「もしかして今料理してんの?」

「もちろん、してますよ」

「・・・・そういうとこ、器用だよね」

まぁ、電話しながら料理をする男もそんなにいないだろうから・・・





フライパンから油がはねた。

半裸(上)だったので、いつもよりイタイ場所が多い。



メインができあがったので、米の状態をみてみると、

やはり・・・・少しかたい。

けれども、十分食べられるくらいにはなっていた。

初めてにしては上出来だ。

スペインで養った「ナベたきのカン」はまだ鈍ってはいないようだ。



「じゃあ、これからご飯食べますんで・・・」

「あら、そう。わかったわ、たんと召し上がれ」

「はい、おやすみ」

「おやすみ」

通話時間は33分と42秒。

キムチが切れていたので、またSEIYUに行かなければ・・・

a0033726_310740.jpg
[PR]
# by football-tt | 2008-07-16 03:23 | 日常
やー、ひさびさ
お久しぶりにしております。

皆様、お元気でありましょうか。

最後に更新したのがいつのことかは覚えておりませんが、

随分まえのことだったように思います。


杉並区阿佐ヶ谷での一人暮らしは紆余曲せつを経ながらも、なんとかうまくやっております。

約数年ぶりに彼女ができたりもして、それなりに幸せにしております。


今年もこれから馬車馬のごとく働くことになるとは思うのですが、

上司に罵られつつも日一日と成長できるように、頑張っていきたいと思います。

ただ、最近ベースを弾けていないのがさびしく、

彼女がピアニストだったりするので、楽器を弾くことにうらやましく思い、

かつ演奏者の孤独をひしひしと目の当たりにすることで、

生きることの難しさを考えていたりします。


では、近いうちにまた投稿できればといいなと思っております。

あでゅ!!
[PR]
# by football-tt | 2008-07-15 01:37 | 日常
初物
初めてです。

ボーナスを貰いました。

普段の給料と比べるとすごい金額だと思ってしまいました。

これでもうちょっと暮らしを充実させたいと思います。
[PR]
# by football-tt | 2008-03-27 11:37 | 仕事
社会人のスタンス
先日あるインタビューを受けた。

大学の後輩たちが卒業する4年生のために、
OB連中を訪ねまわって4年生へのビデオメッセージを収録する、
という企画にのっかったのだ。。

ずいぶんとご無沙汰だった中野校舎に呼び出され
カメラの前に座らされまして、インタビュー開始。
始めは、4年生への簡単な「おめでとう挨拶」をして、
その後いくつか質問をうけた。

で、その中に一つこんなものがあった。

「あなたは“社会人”とは、どんな人のことだと思いますか?」

インタビューを受けるとわかっていながら、どんな言葉を使おうかまったく考えてこなかったので、真面目な質問をうけて、少しの間考えた。

そして、出てきたのがこれ。

「“世の中の役に立っている”という自覚のある人」

とっさに考えて口から出てきた割には、当たらずとも遠からず。
これから大学を出る青少年たちを煙に巻くこともなく、われながらすばらしい回答である。

ことはついで、というわけでもないが、
こんなことがあったので、自分の社会人観について整理しておきたいと思う。


よく「社会人」の言い換えとして「自立した人」という言葉が使われるが、私は違うと思う。
自立を「一人でお金を稼いで、生活すること」、もしくは「親元から離れて一人で暮らすこと」と定義しても、それだけでは「社会人」の条件を満たしているとは言い難い。なぜなら、東京で職務上何の責任もないアルバイトを二つほど掛け持ちするだけでも、「自立」の条件を満たせてしまうからだ。
かといって、「自立」というファクターをまるまるとってしまうのも、少し違う。
では、何が欠けているかというと、それは「社会性」だと私は思う。

あまり最近「社会性」っていう言葉を使わないし、聞かない気がしませんか。

さて、社会性とはなんでしょう?

試しに辞書を引くと
(1)集団をつくり他人とかかわって生活しようとする、人間の本能的性質・傾向。社交性。
(2)社会生活を重要視する傾向。
なんて載ってはいますが、
私は辞書に載っている定義がすべて正しいとは考えないヒネクレ者でして、言葉は、「使う側」と「聞く側」に共通認識があれば、どのように定義してもいいものであり、使う地域や時代とともに変化するものだと思っています。

それで私は、社会性を「長い目で見て、社会に自発的かつ生産的にコミットしていること」だと考えています。

社会人を形成するファクターとしての社会性は「そうであれば社会はもっと良くなるけれど、すぐに結果を求めてはいけないよ」という「長い目で見れるスタンス」である。これが「労働者」であれば、一日だろうと、月だろうと、ある一定期間内の労働の結果として賃金が発生するから労働にいそしむのであって、そんな面倒臭いスタンスは必要ない。
では、社会人がなぜそんなスタンスをとらねばならないかというと、それは、人は労働の中で何かを成し遂げたとき、それが社会にどのような影響を与えるかどうかは、すぐには判断できないからだ。「労働の成果」がすぐに目に見えるかたちで出ないと、その労働に価値を見出せない人が単なる労働者であり、社会人は「労働の先にあるもの」にも意識をおける人のことだと私は考えている。

現代日本では多くの人が「自分が努力すればするだけ、その分見返りがある」と信じている。この考えは、資本主義というブレーキの効きが悪い車を動かす原動力の一つであり、私もつい最近までそうおもっていたが、昨年末あたりに「自分の努力した分と等価の見返りは返ってこない」という考え方に変えた。

世の中、理不尽なことはいくらでもある。
いくら必死に働いても、自分が望むお給料をいただけないこともある。ていうか、むしろ圧倒的にそちらの境遇の人の方が多い。それは、業種や場所によって「労働」に支払われる対価の基準が様々だからなのだが、それでも世の大人が働く大義名分は、「自分が所属する社会をより豊かにするため」である。

人類がここまでの発展を遂げられたのは、他の動物と違って、自分に都合の良い社会を形成し、そこで生きるためには「他人に奉仕する」うことが生存戦略上有利だ、とわかっていたからだが、最近は資本主義やグローバリズムのおかげで、“自分も少しは世の中の役に立っている”という社会人のスタンスを持たない人が増えているように思う。


実はこれが人類滅亡の前触れだったりしたり、しなかったりするのかも・・・
[PR]
# by football-tt | 2008-03-14 03:00 | コラム
音楽さえあれば
私がまだ世間知らずな大学生だったころ。

授業にも出ずに、昼間からJAZZ研の部室で安酒を飲んで、

夜10時の退室時間まで練習にあけくれつつ、

色々なバカなことをやったものだった。

JAZZ研の部室はいつもタバコの煙で白く澱んでいて、

練習室からは色々な楽器の音が四六時中鳴っていた。

卒業してからもちょくちょく後輩の顔を見に部室に顔を出していたのが、

最近は規制がやたらと厳しくなり、タバコも酒もダメときて、

さらに授業中に音だしが出来ず、

平日は練習がほとんど出来なくなってしまったらしい。

在校生のことを考えると不憫で仕方ない。


かといって、卒業したものも境遇としては似たようなものだ。

大学を出てしまえば、あの頃の部室のような空気が流れる場はどこにもない。

音楽の趣味が合わなかったら、絶対に口も利かなかったような一癖も二癖もある連中といっしょに酒をのんだり、笑いあったり、ケンカしていたのである。

今おもうと、なんのリスクもなくそんな環境があったのは、とても幸せだったのだ。




この週末に、初めて企画された「OBによる、OBのためのセッション」が都内で行われた。

30人ほどでJAZZドラムとピアノがあるスタジオを借りて、

楽器を持ち込み、

酒と駄菓子を持ち込み、

昼間から周りを気にせず好きなだけ演奏した。

当初は17時までの予定だったところを、延長のまた延長で、

結局21時まで、約8時間演奏をつづけた。

卒業後、プロを目指してステージに立つ人たちも駆けつけてくれた。

普段の演奏でのプレッシャーから開放されたのか、

とてもリラックスした面持ちで、心底楽しそうだった。

そして、それを見た卒業したてのOB1年生は羨望の眼差しを向けていた。

私は最近の忙しさに負けて、練習不足でありました。

8時間の演奏で何曲やったのか定かでないが、私の他、ベースはたった一人だけだったので、会が終わる頃に私の右手の人差し指には大きなマメが一つ、小さなマメが二つできていた。

20時を過ぎると、窓の外に雪がちらつき始めた。

楽しい時間はいつもあっという間だ。

全員大いに満足し、最後に次回開催を約束した。

この場を借りて、素敵な場を用意してくれた大先輩・千葉さんに感謝。

ありがとうございました!!



今回来れなかったOBの皆さん、演奏しなくても良いので、次はいらして下さいね。
[PR]
# by football-tt | 2008-02-11 05:30 | 日常
   

人生の壁と日常の機微
by football-tt
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧